2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

宮崎太郎の紙芝居


朝日町の町民グループ、
「木曽義仲・巴、宮崎太郎とあさひ塾」通称あさひ塾で作成した紙芝居。
「郷土の武将 宮崎太郎」








初の招待公演をゆかりある宮崎地区いきいきサロンで行いました。
途中、宮崎太郎がでれば声があがり、
宮崎城がでれば城山ね!と囁きが漏れる。

皆さんの食い入るように見つめる目が眩しくて、演者一同、ノッていました!
楽しみにしていたよ!と声も掛かり、すごく幸せ。
演じながらアドリブも飛び出したりして…。
大成功でした。

むしろ、大人が楽しい。
歴史と紙芝居の融合、おそるべし。
[ 2016/02/25 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くんと


今日は、あさひ塾の忘年会!





太郎もいるよ。








祭りの話になって。
割り箸を使い、昔の神輿の担ぎ方のコツを伺います。

先輩と若者。
こうして無礼講で、しきたりや知恵を学べるのは最高。
地域や年齢のしがらみなく、集まった皆の人柄で続いていく会が嬉しいです。


続いていってね。
[ 2013/12/12 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くんグッズいろいろ


ヒスイ太郎こと、宮崎太郎長康のグッズが出来上がってきています。

かわゆす♥︎
[ 2013/12/11 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くん、お仕事です。


今日は、朝からお仕事です。
ヒスイ太郎くんは、あさひ野小学校で、子供たちに郷土の歴史を教える活動をしました。

ついでに、愛想をふりまいてアピール!
子供達の人気者になりました。


暑い中お疲れさま、太郎くん。
[ 2013/07/11 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くん



あさひ塾で作って大人気のヒスイ太郎くん缶バッチ。
大人気のため、増量生産中です。


白、ピンク、ブルー?
ちょっとラベンダーっぽくて素敵。
[ 2012/09/15 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

弓の清水


木曽義仲の弓の清水。
小杉インターを降りて、高岡方面へ行く途中。


街道沿いに、そこだけ窪んだような湿気のある場所があります。
小山のすぐ下、こんな像がありました。
木曽義仲の銅像です。


と、年より過ぎる(笑)














こんこんと、地面から吹き出すように出ている清水は、
驚くような水量の豊富さです。
沸き上がる力がすごい。力強強い…。


ここに至る街道も、とても素敵です。
[ 2012/08/12 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

木曽義仲と巴御前のサミット、フォーラム

富山県の人でも知らないかもしれない(笑)

富山県では、今、県にゆかりのある武将の「木曽義仲」を題材に、
NHKの大河ドラマを誘致しようじゃないか!という活動が行われています。

富山県だけではなくて、長野県も。
そして、今後は石川県も、この活動に参加するそうです。

NHK大河ドラマを誘致するために、富山県では、長野県と共同で、
「木曽義仲・巴広域連携推進会議」っているのを作ってます。
いかにも、お役所的なネーミングです(笑)

それはともかく、
10月24日には、小矢部市でサミット、富山市でフォーラムがあるそうで、
木曽義仲関連の団体さま達は、いまから準備で忙しいんじゃないかな。

小矢部市は、石川県との県境にあって、石川県の津幡町さんと、倶利伽羅峠を共有しています。
倶利伽羅峠は、木曽義仲の戦場としては、とっても有名な場所。
・・・たーくさんの人が亡くなった場所なんですよ・・・・。
ヒュードロドロドロ・・・・。ないのかしら・・・。

小矢部市は、新潟県との県境の朝日町からはかなり遠い場所なんですが、
24日のサミットの見学に行く人、朝日町からも結構いるそうです。

NHKのためもありますが、県内で、歴史という知的な楽しみが
新たにうまれたのは、私は歓迎しています。

NHKさんが取り上げてくれた暁には、
朝日町はどんな注目のされ方をするのでしょうか。ね。






[ 2010/10/16 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(2)