2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

中世山城案内


昨日は京都の博物館から来られた義仲研究者さんの案内で、宮崎城におりました。
宮崎城は越中中世山城で、築城は平安末期?と伝えられています。
ただ、現在の遺構は、山城研究者の佐伯哲也さんによりますと、16世紀に改変されたものだろうとのこと。
上杉家の特徴が残る山城だそうです。

資料作ろうと思い、佐伯先生の遺構図に加筆。
といっても、佐伯先生から聞いたことを書くだけ。山城、不得手なので…。
しかし、遺構図を見ているだけではわからないのが立地。
宮崎城は越中と越後の境に立地し、背後は北アルプスの天然の擁壁、前面は日本海。
そして見晴らしもよく、石川県の境にある倶利伽羅山からもその姿が確認出来てしまいます。
なんてパーフェクトなんでしょう。
…そんなウンチクいらないくらい、登ったら気持ちのいい山です。
これからの季節、ぜひ!
[ 2017/06/13 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

宮崎太郎の紙芝居


朝日町の町民グループ、
「木曽義仲・巴、宮崎太郎とあさひ塾」通称あさひ塾で作成した紙芝居。
「郷土の武将 宮崎太郎」








初の招待公演をゆかりある宮崎地区いきいきサロンで行いました。
途中、宮崎太郎がでれば声があがり、
宮崎城がでれば城山ね!と囁きが漏れる。

皆さんの食い入るように見つめる目が眩しくて、演者一同、ノッていました!
楽しみにしていたよ!と声も掛かり、すごく幸せ。
演じながらアドリブも飛び出したりして…。
大成功でした。

むしろ、大人が楽しい。
歴史と紙芝居の融合、おそるべし。
[ 2016/02/25 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くんと


今日は、あさひ塾の忘年会!





太郎もいるよ。








祭りの話になって。
割り箸を使い、昔の神輿の担ぎ方のコツを伺います。

先輩と若者。
こうして無礼講で、しきたりや知恵を学べるのは最高。
地域や年齢のしがらみなく、集まった皆の人柄で続いていく会が嬉しいです。


続いていってね。
[ 2013/12/12 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くんグッズいろいろ


ヒスイ太郎こと、宮崎太郎長康のグッズが出来上がってきています。

かわゆす♥︎
[ 2013/12/11 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くん、お仕事です。


今日は、朝からお仕事です。
ヒスイ太郎くんは、あさひ野小学校で、子供たちに郷土の歴史を教える活動をしました。

ついでに、愛想をふりまいてアピール!
子供達の人気者になりました。


暑い中お疲れさま、太郎くん。
[ 2013/07/11 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ヒスイ太郎くん



あさひ塾で作って大人気のヒスイ太郎くん缶バッチ。
大人気のため、増量生産中です。


白、ピンク、ブルー?
ちょっとラベンダーっぽくて素敵。
[ 2012/09/15 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)

弓の清水


木曽義仲の弓の清水。
小杉インターを降りて、高岡方面へ行く途中。


街道沿いに、そこだけ窪んだような湿気のある場所があります。
小山のすぐ下、こんな像がありました。
木曽義仲の銅像です。


と、年より過ぎる(笑)














こんこんと、地面から吹き出すように出ている清水は、
驚くような水量の豊富さです。
沸き上がる力がすごい。力強強い…。


ここに至る街道も、とても素敵です。
[ 2012/08/12 ] 木曽義仲シリーズ | TB(0) | CM(0)