2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

境金剛遺跡

朝日町遺跡史跡データ:5
境金剛遺跡【さかいこんごういせき】
5_境金剛遺跡1s

5_境金剛遺跡2s


所在地:朝日町境
主な時代:縄文、古代、中世、近世
種別:集落、古代製塩、中世散布地、近世散布地
現状:道路、田、山林
登録情報:なし
報告書等:なし
アクセス:
�北陸自動車道朝日ICから国道8号線を糸魚川方面へ。境神社から山側の一帯。8号線はこの上を通る。




境関所の山側には、境神社があります。
この写真は、境神社から撮影したもの。8号線のガードレールが見えます。

8号線で境のあたりを通過する時には、
「遺跡の上を走っているんだ!」と、思うと、とてもわくわくします。




1.境一里塚

朝日町遺跡史跡データ:1
【境一里塚】さかいいちりづか
1_境一里塚6s



所在地:朝日町境字東地1873-1
主な時代:近世
種別:塚
現状:雑種地
登録情報:昭和40年富山県指定史跡
報告書等:朝日町史
アクセス:
①JR北陸本線「越中宮崎」駅から、境の集落を抜けて糸魚川方面へ。県境にある。
(徒歩不可、平日のみ8号線沿いから市振り方面への公共バスあり。3回/1日)
②JR市振駅から、境川を越えて富山県境へ。(徒歩不可)
③北陸自動車道朝日ICから国道8号線を糸魚川方面へ。約15分。










1_境一里塚5s
境一里塚は、現在にも当時の姿を残す、大変珍しい塚です。









1_境一里塚1s
本来は、道の両側に塚が築かれていましたが、山側の(南側)塚は、今は残っていません。











1_境一里塚2s
海沿いの史跡らしく、塚の中をのぞくと、海岸の石がところどころに置かれています。
これは、このあたりの海岸の石が珍しい種類なので、
それを念と共に供えていった人がいるのではないかと思われます。










1_境一里塚4s
エノキは、当時の一般的な塚のシンボル。
ここにあるエノキも、よく茂り、塚周辺をうっそうとさせています。












1_境一里塚3s
このような墓?供養塔?も敷地内に同居しています。

ああ、この家紋は、「月にニ」ですね。
木曽義仲も使っていたそうです。